Entry: main  << >>
帰るまでが遠足です 7
http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1270140のつづき。

嬉しそうに頂上まで駆けあがったはいいけれど
そこはなおいっそう激しい風が待ち構えていた。

雨も、容赦なく打ちつけてくる。

「中に座れます。よかったらどうぞ」

頂上に上がって、一つ目の山小屋のお兄さんが声を掛けてくれる。

こんなずぶ濡れのまま、本当に入っていいの?

ここまでの山小屋の様子を見ていると、俄かに信じがたかった。

しばらく山小屋の表でどうしようか思案していたのだけど
動きがとまり、いざ冷静になると
とっても寒い事に気がついた。

いつも写真を撮ってばかりのわたしでも
さすがに今日という今日は、
ザックの中から一度もカメラを出さなかった。

それだけマジメに歩いていたということだ(笑)。



と、とにかく中にいれてもらおう。





中には、ずぶ濡れになりながら
同じように頂上目指した人が何人も休んでいた。



おお、同士よ!!

勝手に親近感を沸かせながら
ザックを降ろし、カッパの上着を脱ぐ。



はぁ。ここまで来たんだなぁ。


大きく息を吐いた。

お土産も売っていて欲しい物がたくさんある。

本当はエンジ色のフラッグが欲しかったんだけど
濡れるのではないかと思い、ピンバッジだけ買うことに。
こんなかっこいいデザイン、5合目には売ってなかったな。
裏に刻印をしてくれるらしい。やったね!

ちなみに800円。
他の百名山のバッジに比べると少しお値段高めかもしれないが
刻印代だと思えばこんなものか。

お腹も空いたので何かあったかいものをと豚汁を注文。



800円なり。
隣のお兄さんはカレーうどんを注文していたけれど1200円。

そんなに具も入っていなかったけれど
お金を出せば、温かい物を食べれるなんて本当にありがたかった。

刻印を入れてくれたお兄さんの話によると
7月13日からこの山小屋にいるけれど
今年は天気が本当によくないらしく
今日(7月29日)までに、ご来光はわずか5回程しか見えていないのだと言う。

今日、天気が悪かったのも例外では無いらしい。

こちらの登山口の"頂上"らしいところはあるか?と尋ねたところ
これでもどうぞ、と貸してくださったのが
前回のブログの「富士頂上 山口屋」と書いた看板。
わーい(・∀・)。

富士山の最高地点は、ちょうど反対側にある剣が峰。
山頂郵便局も、その近くにある。
郵便局は、6時から開局。
この雨と風・・


時間は、まだあるけど。


「ここでも、葉書を山頂郵便局に
持って行ってもらえる有料サービスってやっていますか」


反対側へは往復約1時間。
だけど、お鉢も見えないし風が強いので危ないと判断し
わたしのポストマンになってもらうことにした。


「確かにお預かりました。
天候が回復しましたら必ずポストに入れておきますね」


ちゃんと自分の手で入れられなかったことは残念だけど
また、3回目でチャレンジすればいいことだ(笑)。


よし、行くか。


帰るまでが遠足。
山は、登山と下山で1セット。



不快度マックスのカッパを再度着込む。



それでも、わたしは何だかとっても爽やか度満点の気分でいた。



今迄仕舞っていたステッキを取り出し、握り締めた。



5時ちょうど。

雨風強い中、再び歩き出した。

周りはよく見えない。
今日の山頂付近は、白いガスに包まれていた。




http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1271306へつづく。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 23:24 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode