Entry: main  << >>
レストハウスでの独り言 9
http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1271306のつづき。


「貴重な水です。必要な分だけ入れてください」

小さな湯飲みに少しだけ注ぎ、
ちびりちびりと飲みながら
2階のレストハウスから外を眺める。

閑散としていた河口湖口5合目は
8時を過ぎると、徐々に人で埋め尽くされてきた。

時を同じくして、静かだったレストハウス内も騒々しくなってきた。
ひっきりなしに、人がやってくる。

「少し前まで、わたしは富士山のてっぺんにいたんだよなぁ」

わずか2時間あまりで、景色はすっかり変わってしまった。

夏の富士山は、こんなもの。
ご来光渋滞は、夏の富士山の名物。
山小屋でギュウギュウなのも仕方が無い。


当たり前?普通?

諦め半分な自分と
心のどこかで

こんなの当たり前なんかじゃなくて、
普通なんかでもない、

ずっとそんな風に思っている自分がいた。

山で渋滞だなんて。
ストレスを感じるなんて。
傘にジーパンだなんて。

街を歩いている人達がそっくりそのまんま
この山へ移動してきたんじゃないかというような景色。

バイクに乗って風を感じたり、電車の車窓から景色を楽しんだり、
どこか静かなところを歩いたりすること。

毎日の喧騒から、少し離れたくてやって来るんじゃないのかな。

少なくとも、わたしはそう。

なのに、少し違って見えた。
こんな山の姿って、何かおかしいんじゃないか。
観光地化しすぎた自然。人が居すぎる不自然さ。

「富士山は、日本一リピーターの少ない山」

そんなことを、耳にしたことがある。

"一度登れば、それでいい?"

不思議なんだよなぁ。

綺麗で、壮大で、すごい!!って感動できたら
いつかまた、死ぬまでに来たいって思うのが人間の心理なんじゃないかなって。



つまり、
富士山には富士山の良さが(富士山では、自然のよさが)
あんまり伝わってない疑いがあるってことだ!


これは大問題だ。うむ!


人がいるって、ときどき安心感をもたらしてくれる。
だけど、やっぱり居すぎちゃいけないんだ。
だって山なんだもの。

人恋しくなるくらい、
自分の息遣いしか聞こえないくらい、
自然の中に、自分しかいないんじゃないかって思えるくらい、
それがあんまり大きすぎて、こっちが遠慮しちゃうくらい・・

あまりに目立ちすぎる富士山に求めるのは
少しムリがあるのかもしれない。

だけど、もしもそんなことを感じられるような環境になったとしたら。

また山に足を運んでみたいって思う人が増えるんじゃないかな。
少しでも、山小屋の夜をリラックスして過ごせたら
安全にもつながるんじゃないかな。
富士山を愛でる余裕を持てるんじゃないかな。

人為的にコントロールしてもいいんじゃないかな、なんて。



驚くことに、
バスガイドのお姉さんはツアーのガイドとして
富士山でツアーを率いていた。

バスの中でもいろいろ説明はあったのだけど。

残念だったのは、
標高が上がるにつれ、ジュース等の値段が高くなることは伝えても
理由を言わなかったこと。

花や岩石への配慮は一言もなかったこと。

トイレの利用料金は何故必要なのか、説明がなかったこと。

人を理解させ、納得させるには
具体的に例・理由・数字を示すのがいちばん。



yes!!

そうしたら、
トイレの利用料金をぼったくりだとか、観光地価格だと感じる人が
少しは減ったのかもしれなかったのにね。

お姉さんならできたと思うと、少し残念だった。

ブルドーザーで荷物を運ぶから運送費が上乗せされていることや
自然公園法でお持ち帰りは禁止なことは知っていても
具体的に、誰かに伝えられないわたしも、もっと学ばなくてはならないと思う。


帰ったら、本を探してみよう(・∀・)。


窓の外、大勢の中にガイドさんの姿が見えた。


さて。そろそろ行くか。


階段を下りて
再びあの人間の中に紛れたら
わたしも大勢の観光客の一人に間違いはない。



また来るね。



・・・多分、6月か9月。
TOTO兄おすすめの、静かなときに(笑)。



-end-

※個人的な富士山登山記録に長々と付き合ってくださり
本当にありがございました(・∀・)。

※9話は、書こうかどうしようか迷ったのですが・・
マジメ?で面白くなかろうが
やっぱり自分が思ったことだったので書いてしまいました。

※富士山登山の持ち物等についてはこちらを。
http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1275516


1話から読む場合はこちら。
http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1268661
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 23:04 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode