Entry: main  << >>
花の回廊/宮本輝
JUGEMテーマ:読書
 
「お前はもう十歳になったんじゃぞ。
心のなかにあることをちゃんと言葉にでけんでどうするんじゃ。」

「思うちょることを言葉にでけんからっちゅうて泣くのは、
頭の悪い女のやることじゃ。
胸騒ぎの理由を言葉で説明せえ!」

流転の海、第五部の花の回廊。
主人公・松坂熊吾は愛媛生まれのなかなか強烈なキャラだ。
読んでいたらこんな場面があったわけだ。

「そんな、まだ十歳の子ォに、胸騒ぎの理由なんて
ちゃんと言葉にして説明することなんか無理やわ。

おとなでも、言葉にはでけへんことがいっぱいあるのに・・・」

妻の房江がフォローをする。

頭がいいか悪いかは別にして
どちらの言うこともわかるような気がする。

泣きながらわめきちらす人もいるのかもしれないけれど(笑)
わたしはそんなに器用じゃないかなぁ。

想いが伝わらなくて悲しいとか
思った通りに言えないもどかしさとか
日本語がヘタッピな自分に嫌気がさしたり
あのときもう少し違う言葉を使えていたらという後悔だったり

自分の思ったことをちゃんと正確に言葉がでてこないかわりに
あとから出た涙もいっぱいあったのかな。


「言葉にできないもどかしさから泣いたことはないんですか?
何でも思ったことを言えるほうなんですか?」

今までほとんど泣いたことがないという人がいるので、そんな質問をしてみたら
言いたいことも、泣きたいときも大抵我慢するのだと言われました。

驚きの回答。

ええ?!何でそんなに我慢するの?
何に対してそんなに遠慮しているの?(笑)

と思ったのだけど、
その人はそういうふうにできているらしいので仕方がないらしい。

人の「仕様」って本当、それぞれだ。

昔は確かに、
恥ずかしくて言えなかったことがいっぱいあったような気がするけど

ごめんねとか
すきとか
かわいいねとか
おいしいとか
あいたかったよとか
ありがとうは

死ぬ前に「言えば良かった」って思いたくないから
思ったときに言うようにしようと思って、言えるようになった気がするけど。

ちょっと難しい気持ちになると、やっぱりわたしには伝えるのは難しいな。
どうしたら、上手くなるんだろうね。

ね?
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】

+++轟さんのこんな記事も読まれています+++

| kaori todoroki | 23:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode