Entry: main  << >>
2014年に北海道で利用したライダーハウス その1
JUGEMテーマ:車/バイク

まだ2014年のライダーハウスのまとめ記事を書いていなかったので
書いておこうと思います。
2014年時点での情報ですので、ご考慮ください。

比布町ふれあい館 ブンブンハウス(比布町)



期間:6月頭から9月末までだったかしら?
料金:300円(ふれあい館のポストに各自入れるシステムです)
受付:特に電話の必要なし、行ったらノートに名前等記入
布団:なし、寝袋・マット持参が望ましい、ただ建物内は暖かい方だと思います
暖房:あるので自由に使ってOKです。
部屋:男女別大部屋、鍵はないです。
ゴミ:分類して捨てること可能です。
宿泊可能者:車旅の人はNGです。JR比布駅に隣接のため、JRで旅する人にもおすすめ。



洗濯:100円で洗濯機使えます、乾燥機30分で100円だったかな?威力は弱め。
買物:徒歩圏内に商店が数件あります。早めに閉まるので、買物はお早めに。
駐輪場:屋根付きのものがあります。ただ、雨風強いと濡れるかな?

チェックイン:基本的に管理人さんが夕方16時以降来て入口を開けてくれます
(早いときは14時過ぎから来ていますが(笑)。早く行って開いていたらラッキー)
特に何時までに受け付け、というのもありません。
宿泊者のみんなが起きている、常識的な範囲で・・

チェックアウト:朝10時。連泊するときも同じです。
地元のお母さんが毎朝お掃除に来て下さるので迷惑をかけないように・・

キッチン:外にバーベキュー棟あり。
お湯を沸かす程度なら施設内の流しのところを使ってよいとのこと。

お風呂:ブンブンハウス内に5分100円のシャワーあり。
10分くらい歩いたところに公衆浴場あり(月・金定休、200円)。




<<轟的総評>>
もともと地元の公民館を夏の間だけ旅人に開放してくれている施設です。
そのため、中はとても綺麗です。

上記に「男女別の大部屋だけど鍵はない」と書いたのですが
元来そういう施設だからか、鍵なんてなくても、とっても安心感があります。
チェックアウトも、連泊するにせよ、いったん10時には何もかもを片づけて
出ないといけないシステムになっているので
「だらだら」した雰囲気がありません。

沈没者や、お昼まで寝るのを希望する人には不向きな施設ですが
常識的な人が多く、いつ行っても気持ちよく過ごせます。
やっぱり雰囲気って大事だな、と実感できる場所ですね。
13.14年と2年で8泊とダントツに利用しているライダーハウスなのですが
ただ、めぐりあわせが良いだけ、とは考えにくいので。

ちなみに、徒歩圏内に図書館があり、すぐ横はJRの駅なので
雨のときにも何かと便利です。

管理人さん、お掃除に来てくれる方々、地元の方々に
ご迷惑かけないよう、いつまでもライダーハウスとして
使わせて頂きたいと思える場所です(*´ω`*)。
個人的にとても好きなライダーハウスです。

ライダーハウスやませ(猿払)



期間:年中かな?ちょっとわかりません。
料金:1000円
受付:事前に電話をしてください。オーナーさんのお家は離れているので来てくれます。
布団:マット・毛布付(寝袋があるとよい)、掛布団は別料金のはずです
暖房:主に女子に割り当てられるバンガローにはありません
部屋:男女別(基本男子が大部屋、女子がバンガローのようです)
ゴミ:部屋にゴミ箱があります。
宿泊可能者:おそらく、車旅の人でもよいような気がしますが・・要確認。
   
洗濯:男子が主に使う大部屋のほうに洗濯機・乾燥機がありました(有料)。
買物:事前買い出しが望ましいです。
駐輪場:女子はバンガロー下における、男子は数台なら置ける屋根付きの所あり。

チェックイン:14時頃までだと思いますが、食堂もやっているので早めから
いれてもらうことが可能だと思います(そんなような張り紙がしていた)。
チェックインの時間は18時くらいまでだったと思うので、遅れそうなときは確認のこと。

チェックアウト:朝10時だったかしら。天気が荒れない限り連泊はNGです。

キッチン:大部屋のところにあります。

お風呂:一応大部屋のところにあります。シャワー200円。
ただ、2014年のときにはシャワーは利用不可、と言われたので使えないと思った方がよいかと。
2キロ離れた猿払の道の駅にお風呂があります(350円だったかしら、第1月曜定休・要確認)。

<<轟的総評>>
2013年には、プラス1,000円でやませ定食を夕食に出してもらえたのですが
2014年には食事の提供はないとのことでした。んー残念。
猿払のホタテって大きくて甘くておいしいんですよね(*´ω`*)。



バンガロー内には、一応4人泊まれるよう区切られていますが狭いです(笑)。
2回泊まったことがありますが、2度とも女子は一人でした。
ノートを見ても、女子はボッチ率高いと思われます。
バンガローの内側から鍵はかかるので安心です。

稚内の漁師の家は男女別ではないし、みどり湯のノリにはついて行けるか不安、
というボッチ希望の女子にはおすすめできるライダーハウスですかね。

男子のほうは大部屋は割と広め、毎回4人以上はいるので、人気のライハなのでしょう。

バンガローには、電源あり。
ただ、濡れたものを干す場合場所が不十分なので
大部屋のほうの入口にある干場を借りるとよいかもしれません。
トイレは外にあり、バンガローから50mくらい離れていますかね。
天気が荒れると、ちょっと利用しにくいです。

鏡沼海浜公園ライダーハウス(天塩)

期間:5/1〜10月下旬のようです
料金:200円(キャンプ場より安いw)
受付:受付棟にて。13時から21時まで。わたしは事前に電話はしたことないです。
チェックアウト:10時。
布団:なし、マット・寝袋持参のこと。
暖房:女子部屋にはないです
部屋:男女別(男子棟2部屋、女子1部屋)
ゴミ:ゴミ箱なし、基本お持ち帰りで、ごみ袋を買えば捨てれたと思います。確か。
宿泊可能者:車旅の人はNGです(昔はよかったんですが)。

洗濯:受付棟や炊事棟にありました。洗濯機は100円かな?乾燥機もあると思います(有料)。
買物:事前買い物がよいですかね。
駐輪場:屋根付きのものはなし。




お風呂:歩いて5分くらいのところに夕映温泉があります(600円くらい)。
ネットあり、漫画あり、レストランあり、雨の日には1日居れます。

キッチン:歩いて3分くらいのところに炊事棟あり。




男子部屋は見たことがないのでわかりません。
女子部屋は約4畳に棚ができていたので実質3畳程度です。
1〜2人が快適、3人が限度です(笑)。
通算4泊したことがありますが、2人、2人、3人、1人ですかね。


<<轟的総評>>
キャンプ場が500円だというのに、ライダーハウスが200円という値段設定(笑)。
ライダーというより、チャリダーの利用が多いような印象のライダーハウスです。
電源あります。

女子部屋に関していうと、狭いし、
濡れたものも干せるような部屋環境ではないのですが
200円という低価格で利用させてもらうには申し分ありません。
何より、わたしの行動プランとしては、とてもよい立地にあるのです。

そしてここの最大の特徴は、
宿泊し、旅人ノートにメッセージを書くと、その年のものを1冊の冊子にして
送ってくれるという点。
(住所・本名は必須なので気にする方にはおすすめしません)
わずか200円でここまでサービスとは、ありがたい限りですね。

女子部屋は内側から鍵がかけられるので安心です。
かからないときには、ドアを少し持ち上げてみてください。
多分これで鍵ができると思います。

ライダーハウスkaze(石狩)


期間:6/中旬〜10/下旬のようです、毎年少しづつ違うようなので要確認
料金:無料
受付:他の旅人に受付不要ときいていたけど、石狩観光協会にしておくほうがよかったかと。
布団:なし、マット・寝袋持参のこと。
暖房:女性優先部屋にはなかったです、ただ部屋はあったかかったです
部屋:ログハウス2棟、1棟が女性優先
ゴミ:お持ち帰り。
宿泊可能者:車旅の人もOKのようです。

洗濯・キッチン:ログハウスのある石狩浜にはなかったかと。
買物:事前買い物がよいですかね
駐輪場:屋根のある場所は特になし、何せ浜辺にあるので、砂地部分が多いです。
サイドスタンド用の木もいくつか落ちていたし、
特に停めたりするのに不便はありませんでしたが。





お風呂:わたしは利用しませんでしたが、バイクで5分くらいのところにあるようです。
キッチン:特になし、水は持っておいた方がよいかもです。




トイレが少し離れていて、150mくらいですかね。
手洗い場もこんな感じです。ただ、清潔に保たれていました。

<<轟的総評>>
中は3畳ほどの小さなログハウスです。
3人泊まれば満員御礼です(笑)。
濡れたものを干すロープがあります。
内側から鍵をかけられます。
電源あります。
ただ、わたしが行ったときにはブレーカーが落ちていたので
電気がつかないときにはブレーカーを見てみてください。

無料の浜辺にあるバンガローと訊いて
あまりいいイメージはなかったのですが、落書き一つなく
とても綺麗に維持されていて、
使う人もそうですが、地元のやんちゃな子も悪いことしないんだなと
ちょっとうれしくなったりしました。

ただ、やはり海岸にある、ということで
ドライブ等?来る方もいて、ヘッドライトだけ付いた車が複数台
長時間外に停まっていると
少し離れたトイレに行くのに、勇気がいる部分もありました。
(23時にはいなくなりましたけどね)

旅人からあちこちで聞いた話によると
基本的には混みあうことはないようですが
女性が常識的な時間に到着したとき
既に男性が女性優先部屋を一人で占拠していて
テコでも動かない男性もいたとか(笑)。
このときは、ほかの男性複数人で無理やり追い出したそうですが。
男子部屋が満員御礼のときは、
あふれた者は外でテント泊だそうです(・ω・)。

管理人さんが現地にいない、
基本的に早い者勝ち、ということで
女性の場合、観光協会に電話をして、ある程度宿泊状況を把握しておくとか
早めに到着しておくとか、工夫をしておくと安心かもしれませんね。

施設もとても綺麗でこんなところを無料で使わせて頂けるなんてありがたい限りです。
札幌にも近く、次もまた利用したいライダーハウスです。


明日以降にその2に続きます。

http://3cars.kaoridondon.net/?eid=1304016
 
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 22:51 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode