Entry: main  << >>
植村直己さんの故郷の山・蘇武岳【回顧録】
JUGEMテーマ:日記・一般

先日まんとさんが記事にされていた
出石〜床瀬そば〜妙見蘇武林道〜植村直己冒険館。

記事を読んでいると、
あそこ行ったことがある!ここも!と思う場所がいっぱいでわくわくします(´ω`)。

まんとさんのみどりん号。
わたしがかつて盗み撮りwしたバイクだから、というのもプラス要素です(笑)。

わたしがまだバイクの免許を持っていなかった頃、
北海道を走るライダーさんのバイクの写真を撮っちゃいました。
1台はFTRのトリコロール。
そしてもう1台はTRの緑です。

写真がぼけているのは慌てて撮った為(笑)。
2005年に撮ったので、まだ発売から間もない頃でしょうかね。



ちなみに撮影地は、幸福駅。



もう建て替えでこれもなくなったのかな。

それにしても、FTRでもTRでもなくバンバンに乗っている現在。
そのときから、きっとバンバンがわたしの目に触れることがなかったのでしょう。
(マイナーバイクだものね・・)

+++++++++++++++++++++++++++++

話がそれました。
まんとさんの記事を読んで、妙見蘇武岳林道を歩いたことを思い出しました。
雪が積もっていたな。
何月やったかなぁと振り返ると、それは2007年の11月下旬。
ジムニーで阿瀬渓谷(豊岡市)に向かったようでした。


阿瀬渓谷の紅葉を楽しんだ後は奥へとずんずん。



川を渡り、金山廃村を歩き



金山峠を目指しました。
その後、雪が多くて林道を歩いたのです。
雪が降るとは知っていましたが、この時期にもうこんなに積もるの?!
と思った記憶がw。



頂上まで往復16キロ。なかなか歩いたようです。
ここは、冒険家・植村直己さんの故郷の山。



林道から蘇武岳まで行こうと思ったら数分で行けるんですけどね(笑)。
植村さんは当時どんなルートで登ったんだろう。

「妙見蘇武林道」という林道名。

妙見山(養父市、香美町)に登ったときにも林道を走りました。
もしかしてこの道までつながっているのかしら。
(古い話すぎてどこ走ったか記憶が曖昧)



妙見山は、雪解けのあとザゼンソウが咲きます。



来年は見に行くついでにこの辺の林道探索しよう(*・ω・)。
北の方に行けなく季節になると、途端に行きたくなる不思議。

冬でも楽しめるツーリング場所を探さなくちゃ。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 19:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode