Entry: main  << >>
大下島のあんなものやこんなもの、アゴノ鼻灯台【3】
JUGEMテーマ:旅行
その2のつづき。

てくてく、気持ちの良い海沿いを歩いていく。
標識もなければ、横断歩道・信号もない。
車も通らない。
あっ、家もない。



何にもないと思いきや、そうでもない。
何だろうこれは?

さすがに怖くて足を乗せれなかった。
わたしの重みで崩れてもおかしくなさそうだもの(: ・`д・´)。



中をのぞいてみると・・

蜂さんがつくったミラーボールや〜!!(彦摩呂風)



一人だから、静かにたまげた。

さらに進むと、堤防にみかん付きで小型の舟が乗っかっていた。
(うちの地方ではこういう舟のことを
「てんません(漢字は伝馬船?)」と呼んでいたが正しいかわからない)



続いては湯船w。
入って写真でも撮りたかったが、水が溜まっていたのが残念だった。



たくましく植物も。



低すぎるみかんの木。



放置プレイの軽トラ。
大分古いもののようだが、とても小さく見えた。



昔の軽自動車は規格が小さかったのだろうか。
(ま、排気量も550佞世辰燭靴諭

++++++++++++++++

今調べてみたら、やはり徐々に大きくなっていっているようだ。
初期の昭和24年では、軽自動車の幅は1m。
現在は、1.48m。その頃と比べると、約1.5倍だ。
当然長さも長くなっているだろうから、小さく見えるのも当然か。

++++++++++++++++

前の写真はまだいい方で
こちらは既に、よくわからない状態になっている(笑)。



反対側から見ると、完全にかくれんぼ状態。
もこもこの向う側に、軽バンが埋もれている。

本当はこういう放置車両があるのはよくないのだろうけれど
何故かワクワクしている自分がいる。



うーん、これは何だろう。何かの工場跡?



もう何年、このままなんだろうか。





阪南町が阪南市に変わったようだ。
大阪の給食センターのコンテナさんも
まさか愛媛の島に長期滞在することになろうとは
予想もしていなかっただろう。



鳥対策のカンカンにポンジュースが使われているのが愛媛らしい。
が、この缶、いつのものだろう(すんごい古い気がする)。



幸い電波が届いていたので現在地を確認すると
半分くらい歩けたようだ。



さらに進むと、灯台キター(*´ω`*)。



フェリーターミナルを出発して、時計回りに1時間半。
アゴノ鼻灯台。



PLフィルターを使ってみたけれど、
青空が綺麗に撮れているのかどうか、わたしにはよくわからない。
残念な自分・・。

自分がいいと思う構図と青空があれば、よしとしているわたしがいる。
だから成長がないのだろうw。



満足満足(*´ω`*)。

やっと観光できそうな案内が出てきたけれど
パッとしなさそうだったので先へ。



動いている感じはしなかったが、処理場もあるのか。



島の南側には道がないので、
この後はショートカットするようにフェリーターミナルに向かって歩く。



現在地を見て驚いた。
この道は愛媛県道177号線(°ω°)。



どこかにヘキサゴンがないか探したのだが見つからず。
これが県道かぁ。「険道」と呼んでもよさそうだが。

フェリーターミナル近くのどこに出るのだろうかと思ったら
小学校近くの道に出た。



ここが県道の入口だなんて絶対わからない(笑)。

※島を一周する目的がなく灯台だけが目的なら、ここからアゴノ鼻灯台に行くと近い。



帰りのフェリーは16時40分発。
まだ1時間以上時間があるので、もう少し歩いてみることにした。

山へと続く道へ。



金山洞穴。穴が見えない。



結構勾配がきつい。
アクエリアスで喉を潤す。ぷはー!



こちらの空が曇ってしまったのは残念だが、気持ちのいい島歩きだった。



さぁ、戻るか。

港の前に、簡易郵便局があった。
ここが待合所等も兼ねているのかもしれない。
中に入ると、椅子の上に新聞が置いてあった。
新聞には紙が巻かれ、「〇〇様」と。

そうか、島の人にとって
新聞はポストに入っているものでも
毎朝当たり前に来るものでもないのだ。

船が運行していれば運ばれてきて
自分がここまで取りに来るものなのだ。
もう夕方なのだが・・w。



島を歩いていると、墓地があった。
驚くくらい、この島に不似合なほどのお墓。
もしかしたら、亡くなったお一人お一人に
お墓が建てられているのではないかと思ったほど。

歩いていて、人にすれ違った人数は片手で足りたが
かつては、学校のチャイムが響き渡る
賑やかな島だったのだろうか。

いろいろ訊いてみたいことはあったけれど
あまりに小さな島過ぎるからか、
よそ者がよっぽど珍しかったのかもしれない。
相手のわたしへの警戒心を解くことができなかった。

大体、どこの島に行ってもおしゃべり相手になってくれる
おじいちゃん、おばあちゃんに出会えるのだが(笑)。

でも、それは仕方ない。
島には独自の文化があって時間が流れている。
わたしは今日来て今日帰る、よそ者に過ぎない。
綺麗な灯台を撮らせてもらったことに、感謝である。

小さな港に船がやってくると直ぐにわかる。
汽笛が響き渡るのだ。



帰りのフェリーも車満載だ。



またね(*´ω`*)。



約1時間で今治港に到着。
短い、島旅が終わった。



しまなみ海道は、
徒歩・自転車・原付・バイク・車とすべてで通ったことがあるけれど
とびしま海道は一度もない。
今度、バンバンで広島・呉方面から四国を目指してみよう。
島めぐりはやっぱり楽しい。


はぁぁ、お腹空いた。
これは痩せたかもしれんw。

夜ご飯は、もりもり食べたよ(*・ω・)
 
↑スズキのカテゴリーは登録の意味がないに等しいことが判明したのでwしばらくツーリングカテゴリーのみの登録に変更です(*・ω・)。
| kaori todoroki | 20:22 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback

この日記内で検索(・∀・)


Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode