Page: 2/6  << >>
東海へゆく <神島2>
JUGEMテーマ:旅行



神島は、軽くハイキングです。
あまりの天気のよさに、上着も脱いで半そでになったほど。

 

今は立ち入り禁止になっている監的硝跡です。
砲弾の着弾点を確認するための場所だそうですが
映画の中では重要な場面にでてくるのだとか。

今朝の午前2時まで、慌てて小説を読んだ(笑)ばんちゃんによると
小説では中盤でもう登場する場所だそうですが・・

わたしはチョロッと写真を見てこの建物を知っていたのですが
ううーん、
あまりにも整備されて小綺麗すぎて、拍子抜けしたというか。
もうちょっと草ボーボーのほうがよかったです(゚Д゚)。



神島には、カルストが存在します。
初カルストのばんちゃんはテンションあがりまくり。
わたしも興奮してましたけどね(・∀・)。青い空と海のある景色に映えるのです。



島の端に、小学校と中学校がありました。



卒業記念とか何周年記念とかじゃなくって、
厄年記念にってあるんですね(笑)。

ようやく家が密集するエリアに戻ったのですが



バランス感覚よすぎじゃない?!

人様のお家に、大変失礼なのですが
ツッコミどころ満載やなぁと思いながら歩いていると、おや?!



ジャーが。



もちろんですが、コードは繋がっていません。
何故にこんな場所に?!

こんなおもしろいものを
見てみぬフリができるわたしたちではありません。


「ねぇねぇ、ちょっとだけ開けてみようや」「うんうん」































































・・・・ぎゃぁ

(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)。









ごめんなさい。もう二度としません(゚Д゚)。

教訓:人のジャーを勝手に開けてはいけない




※入っていたものは、想像にお任せいたします。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 22:09 | - | trackbacks(0) | pookmark |
東海へゆく <神島1>
JUGEMテーマ:旅行


2012.4.16

夜、割と仕事が早めに終わり、支度をしてラパン号にて出発。

山陽→中国→名神→新名神→東名→伊勢湾岸自動車道→南知多道路と乗り継ぎ
目指す目的地は、愛知県知多半島の南端・師崎港です。

ざっと、実家の愛媛へ帰るくらいの距離です。
日付が変わるくらいには今日の寝所にはたどり着けるかな。

途中、御在所SAがあんまり綺麗だったもんで
ここで眠りたいと思ったのですが、南知多道路の美浜PAまで走り
シートをフラットにするだけして、寝袋と毛布をかぶって12:30に就寝です。

2012.4.17



交通量も少ないのですが、非常に寂しいPAでした(笑)。
それにしても、雨予報が一転、見事なまでの快晴です。にまっ(・∀・)。

ここから師崎港までは約20km(だっけ?)。
本当は夜のうちに港の駐車場まで行きたかったのですが
夜中は入庫できないのと、師崎港周辺には無料駐車場がないようなので。
(1時間100円、1日最大料金もあったはず)

港で伊良湖行きのフェリーチケットを購入します。
JAF割引で2割ほど安くなりました。片道約35分ほどです。



伊良湖まで車で行くことも考えたのですが、
後の行動を考えると、知多半島からのアクセスの方が動きやすいかということで。



しかしわたし、師崎って シサキ だと思っていました。
モロザキ だったなんて。標識で気づいたときのアノ衝撃。

敦賀を アツガ って読んじゃう感じだよね。そうだよね。

9時すぎに無事伊良湖港でいつも通りフツーにばんちゃんと合流。
実際は1年に1回か2回なのに、しょっちゅう合ってる感じ(笑)。

売店やちょこっと伊良湖の灯台あたりを下見してから10時のフェリーで神島へくりだします。



もうひとり男性が乗っているだけでほぼ貸しきり状態の高速艇です。

ひゃっほぅ(゚Д゚)。

10分ほどですが、軽いアトラクションですね。
外に出て、気持ちのいい風を浴びながらの移動です(・∀・)。



案内図を見ながらどう周ろうかと話していると
おもむろにおばあちゃんが現れ、ガイドばりにルートのご案内とご提案をしてくれ
言うだけ言ったら、ほな、みたいな感じで去って行きました(笑)。

島の、こーいうのが好きです。

灯台を目指しながら、島を時計回りに歩いていくとします。



昔、唯一島にあった時計だったそうです。
今は誰でも時計は持っているので見向きもされなくなったようですが。

今は壊れているのですが、よーく見たら



薄くて見えないかな?!
6分遅れです、と書いてあります(笑)。



1家に1台どころの話じゃないです。
密集した島の住宅街。大活躍していると思われます。

八代神社の214段の階段を登ると・・



絵馬ですかね。
全部、絵が手描きなんですよ。
でも、よく神社でみかける願い事は裏には全く書かれていませんでした。



目出すぎwですが、愛嬌があって好きです。
年齢と性別が記入されていたのも珍しいですね。

海から、一気に上がって行きます。



振り返ると、そうだ、今日は快晴だった!
そら暑いはずだと、再認識です。







ようやく、来たんだなぁとしみじみです。

【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 21:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
徳島へ その2/奥祖谷かずら橋
JUGEMテーマ:旅行

その1のつづき。

こうたくんだったか、誰だったか忘れたのですが
「かずら橋より怖いですよ」と随分前に教えてもらっていた奥祖谷二重かずら橋。

登山口の見ノ越から6kmほどでしょうか。
R439を進んだところに奥祖谷二重かずら橋があります。


 
周りの雰囲気は、かずら橋に比べて小規模な感じです。
車はほとんど停まっていないので利用する人も少ないのかも。

料金はかずら橋と同じ500円です。
11/1から橋の工事があるらしく、しばらく入場できないようなので
最終日に来れてよかったです(・∀・)。



まずはどんどこ階段を下って行きます。

途中の案内板に「男橋」「女橋」「野猿」とあります。
二重なので、2本橋があるのはわかるとして・・野猿って何?!

かと思ったら、まさかの乗り物がありました。



まじ?!(・∀・)

こんなおもしろいものがあったなんて!

乗っかって、ロープをひっぱると進む仕組みになっています。
誰も居ないし、シメシメ(・∀・)と思いながら、野猿を手繰り寄せていると
どこからともなく現れた、お父さんとお母さんが「手伝ってあげよ!(・∀・)」と
一緒になって引っ張ってくれました。

・・・ちょっと恥ずかしいです(笑)。
わたし、力持ちなんで一人でも多分大丈夫なんですけど
せっかくのご好意なので甘えさせてもらっていたのですが



わーい(・∀・)とひとり乗っかって進みながら後ろを振り返ると、
まだお父さんはロープをひっぱって、わたしが進みやすいようにフォローしてくれていました。

お二人も乗るのかと思ったら、わたしが無事に反対側にたどり着いたら
わたしたちは乗らないから、と大きく手を振って下さりました。

・・なんかこういうのって嬉しいですよね。自分たちは乗らないのに・・
わたしもありがとうの気持ちをこめて、大きく手を振り返しました。

女橋は、最近工事をしたのか、割と新しい感じだったのですが






男橋はというと






・・・ふむふむ。



ええっ、落ちるやん(゚Д゚)

って感じですよ。
そら、架けかえするよね、って話です。あーびっくりした。

今までの怖い橋は、うっかり足が入ったとしても、
まさか体は落ちんやろうって感じだったのですが
ここはさすがのわたしでも落ちるくらい空いてました(笑)。

光もよい感じに射して、
紅葉も楽しめ、野猿まで乗れちゃったりして
かずら橋より満足感高しでした。あー楽しかった(・∀・)。

一気に階段をかけ登って駐車場に着いたら
山の上の寒さは嘘だったみたいに暑くて
一気に飲み物を飲み干しました。はーっ(・∀・)。


つづく。


さて、温泉にでも行きますか。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 22:32 | - | trackbacks(0) | pookmark |
そうだ京都へ行こう! 清水寺編
JUGEMテーマ:旅行

ブログの管理者ページのはじっこを見たら

ブログをはじめて 5年と71日 現在の記事 1072件 と書いてありました。

何気にビックリー。
もう5年もブログをやっているわけなのですね。
当然、本人が書いているからわたしは毎回読みますが(笑)
1072件全部読んでいる人っているのかしら、とふと思ったりしました。

ま、いるとしたら・・・




よっぽどな轟中毒か、暇な人ねっ!





なんて、思っていませんよ。・・・いや、ちょっとは思ったかも(笑)。

本当に読んでくれているとしたら、ありがとうございますと、思った2011年の冬です。
あ、でも暇な人は一人はいるなと思いついた(大阪方面)。

++++++++++++++++++++++++++++

時間がなかったので、「金閣寺にする?清水寺にする?」と訊くと
「清水寺に行きたい」というもんで、レッツラゴー。

相変わらずいつも渋滞している辺りですが、
運よく駐車場の空きが1台できたのでそそくさと駐車。

テケテケ歩いて行きますが、平日だというのにまぁ人の多いこと。
修学旅行生も多しです。



ネットではもう「散り始め」となっていましたが
それでもまだ、十分楽しめるほどには紅葉も残っていてくれてよかったです。



和服を着た中国人カッポーに写真をお願いされましたが
よく似合っていたなぁ。

どんな風に、京都は映ったのかなぁ。



とりあえず、人は多すぎます。(われらもその一員)

ここからの景色が有名かもですが、
下って、見上げた紅葉のほうがわたしは好きでした。



多分、清水寺でなくても・・京都でなくても綺麗だったんでしょうね。

いかんいかん、お休みの日にはとっとと外に出なければ。
そのためにも、健康な身体作りをしなければ。
いろんなものを見逃しちゃいますね。

言い聞かせる、今日のわたしなのでした。
「忙しい」を理由にするのはやめよ(・∀・)。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 21:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
秋の会合2010 その6 伊勢うどん
JUGEMテーマ:旅行

その5のつづき

港に戻ってから、遅い昼食を取ることに。

おみやげ物も買えて、食事もできるところ(名前を忘れた)があるよ、と
ばんちゃんに教えてもらったので、そこまでテクテク。

お目当ては、伊勢うどんです。
まだわたしは一度も口にしたことがありません。

あちこちのメニューを見てまわったのですが
驚くべきことに、伊勢うどんと何かのセットメニューっちゅーもんが存在しません。

うそん!!

この辺りならば、てこね寿司と伊勢うどんのセットものが
ごくごく普通にあってもいいんじゃないのかしら・・・売れると思うけど。

でも、ナイモンは仕方がないので、単品で注文するとします。

わかめと天かすしか入ってなく、単品で650円というのにも
フニフニすぎるんちゃうんかい!という「太」なビジュアルにも
四国人のわたしには、「はぁ?」という感じなのですが

一刻も早く伊勢うどんデビューがしたくて、ただそれだけで注文しました。

ちなみに、ばんちゃんもお店で食べるのは初めてだそうです。
あんなに讃岐には行っているのにね(笑)。



で、やってきたシロモノはやっぱりビジュアルがいまいちです。
味も濃そうだし・・

と思いながら口に運ぶわけですが、これがめっちゃおいしい!(・∀・)んです。

いやーびっくりだわよ。

見た目ほど、濃くもなく
確かにフニフニ麺で、ばーちゃんも食べれそうな感じですが、
その味とこの太いもちもちした麺が合うわけなんですよね。

「伊勢うどん」という食べ物として食べたら十分楽しめるかなとわたしは思いました。

伊勢うどんに心から謝りたいです。悪く思っててごめんなさい(ぺこり)。

・・のですが、
大食いのわたしがこんなちょぼっとのうどん1杯で足りるわけもなく
次のお店へゴー。

ばんちゃんも、あきれることなく付いて来てくれました(笑)。



でなわけで、頂きまーす(・∀・)。

わたしはしっかりご飯とお吸い物付きで。
もう伊勢うどんはなかったことになっています。

しかし、よー食べた!

あとは家と会社にお土産を買って終了。
海の側にバイクと車を停めていたわけですが
ちょうどトラックが停まっていて、ラパンが出せません。

「いいよーのんびり待つし。」

そういうわたしにばんちゃんは
「いいなら動かすら。動かしていいかどうか訊いてくる!」と
あんちゃんらのところへ行ってしまいました。

停まっていたトラックが動き出したと思ったら

ばんちゃんが運転してるし!(゚д゚ノ)ノ

「自分で動かすなら、いいって言ってくれた(・∀・)」

男前な(笑)ばんちゃんのおかげでラパン号は無事動かすことができ
またね、と言ってそれぞれの帰路へとついたのでした。



ばんちゃん、次はどこで待ち合わせしようか?



実はばんちゃんもこってりテンイチが好きな女子だと判明しました。
こんな身近にいたとは・・

てことは、(・m・)。


おしまい。


+++++++++++++++++++++++++++++++

それにしても最近、全然遠出をしていません。
連休があると、大荒れの天気(予報)ばかりです。
先週も今週もチャンスだったのに、母にストップされ、愛媛に帰れず(:∀:)。
おまけに、こんなに風邪をひいたり、熱をだしたりの繰り返しという冬は初めてです。

本日もおとなしくしています。
はー行きたいところはたくさんあるのに。うずうず。

早いとこ、えっへん虫、どっかにいってくれないかしら。
寒い日が続きますが、みなさまもお体には気を付けて(・∀・)。
【ここにタグ入れていたよ!とどろき】
| kaori todoroki | 22:32 | - | trackbacks(0) | pookmark |

この日記内で検索(・∀・)


【ここにタグ入れてた!】

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Profile

HN:轟 かおり
生まれは四国、棲家は兵庫。

好きなことは旅すること。
旅友はジムニーからバンバン200へ。

ジムニーでの日本一周の旅の記録:
ジムで行く、日本旅

バンバン200ツーリングの記録:
VanVaVan

(y: t:)

    

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode